webデザイナー

1年でWebデザイナーになった主婦の勉強法。スクール在学期間からできる5つのコト!

未経験、子あり、31歳からフリーランスwebデザイナーを志し、現在開業2年目のイズミヤリエ( @olioli_web )です。

 

私はWebデザインに基本的な技術やスキルは、1年間(週1)社会人スクールに通学して学びました。

 

↓私がお世話になったのはこちらのスクール(名古屋校)
ヒューマンアカデミーWebコース

在学勉強中にやっておいてよかったこと
そして私が「あ〜もっとやっておけばよかったぁ」
と後悔していることも含めて5つのポイント+@にまとめてみました。

 

正直クラスメイトでこれだけ色々やっていた人は皆無でした。

 

実際離脱してしまう方が多かったですし、フリーランスになった方はほぼゼロ。
就転職された方も一握りという感じでした(同期ではいなかったです)。

 

 

実は昔からストイック、体育会系な私。
でもやれば必ず力はつくし、努力は報われます!!
そして難しいことではなく、割と当たり前のことをやっただけ!

 

巷では「未経験からフリーランスwebデザイナー!」
そんな広告をよく目にします。

私も元々はそのキャッチに惹かれた一人です。

 

正直言って未経験からこの業界を目指すのは本当に甘くないです。

 

でもこれら5つの項目(+@)を全てやっていただければ「未経験からいきなりフリーランス」も夢じゃない!
と私は思います。

 

なんせこの未経験スタートの子持ちアラサー主婦がやっていますので♪
一つ一つは難しいことではありません。

 

とにかくコツコツ少しずつ・継続がキーワードかなと思います。

 

焦らずゆっくりでも確実に、一緒に頑張りましょう〜〜〜。

ではレッツスタート!!!!

 

1.学習した内容はとにかく復習・反復する

これは何か初めてのことを学習する上で基本です。
学校できっとやってきましたよね?!

ただ、社会人になると忘れちゃうんですよね…。

でもやっぱりこの「とにかく復習に徹する」この方法が一番身についたと改めて思います。

以下具体的に私がWebデザインをスクールで勉強するときに取っていた方法です。

 

  1. とにかく授業をしっかり聞く&メモりまくる&理解する
  2. わからないことはその日に必ず質問する
  3. 家に帰って復習する
  4. 何回か繰り返す
  5. 翌週には前の週の内容を体で覚えている
  6. 復習してわからないところはしつこく質問する

 

シンプルですが、この繰り返しです。

 

よく勘違いしてしまいがちなのが、
「PCでの授業&作業だからメモはいいよね〜」
という考え方。

それは危険です!!!

 

なぜなら家に帰ってやってみると見事に忘れているから^^;
理解して覚えたつもりでも、実際一人でやってみよう!と家でPCを開くとあらびっくり。

「あれ?全然覚えてない…」

そこで助けてくれるのが大量のメモです。

在学中のノートたち1年分のノート。今でも宝物です。

 

まずはメモを見ながら思い出しながら、なんとか自力でやってみましょう。
そしてそれを反復しましょう。

 

そうすると自然に体で覚えていきますよ。

特にIllustratorやPhotoshopなどのアプリケーションの操作、
コーディング(htmlやcss)は、慣れが必要(テクニックというより本当に慣れだと思います)。

 

何度も繰り返すことが大事なんです!!!

コーディングは、最初の方吐き気がする人も多いと思います。
そこで挫折する人もたくさん見てきました。

 

私も最初は謎の記号に「???」の連続。
ただ理解するというよりもとにかく同じ動作を繰り返し、自分でできるようになった頃には自然と身についていたんです!

同じwebサイトを何度も作っては壊し、を繰り返しました。

 

だから諦めないで、まずは授業と同じことをひたすら繰り返しましょう。

先生の口癖を真似ているようになったら、もうあなたは一人前だっ!

 

再度まとめます。

Webデザインの勉強はとにかく復習&反復

  1. とにかく授業をしっかり聞く&メモりまくる&理解する
  2. わからないことはその日に必ず質問する
  3. 家に帰って復習する
  4. 何回か繰り返す
  5. 翌週には前の週の内容を体で覚えている
  6. 復習してわからないところはしつこく質問する

 

「スクールでは足りないから・・・」
と在学中から色々なことに手出ししてしまう方もいらっしゃいます。

 

ただまずはスクールの内容を完璧にしよう!と声を大にして言いたいです。
新しいことを覚えるって本当に大変ですから。

2.Webデザインの勉強はアウトプットが大事。課題や作品作りでフィードバックをもらう

スクールに通うと必ず課題が出ます。
私も今は自分自身がオンラインで講座を開催する立場ですが、必ず課題を出すようにしています。

 

なぜ課題があるのでしょう?

それは知識を定着させるためです!!
だからやらないなんて勿体ないのです。

りえ

でも在学中はクラスの半数がやってなかったよ〜。
なんて勿体無いんだ!アラサーケチケチ主婦は思っていました(笑)

 

お恥ずかしいですが…
私のスクール時代の課題を紹介します。

在学中の課題結婚式場のバナー

 

在学中の課題ベビー服のサイト

 

在学中の課題ヨガ関連のサイト

 

復習にだいたい授業の倍くらいの時間をかけて…
さらに課題に取り組んで…
(1回の宿題で恐らく5時間くらいかけていたと思います)

 

改めて考えると超オーソドックス、基本的なことをやり続けていただけ。
でもそれを繰り返すことで、自然に身についてたんですよね。

 

「アウトプットが難しいです…」

とよくご相談を受けるのですが、まずは目の前にやるべきことがないか?改めて考えてみましょう。

 

意外に基本的なことを見落としているかも?
背伸びする必要はないので地に足をつけてコツコツやっていきましょう。

 

復習に関してはは真似・コピーですが、課題は自分の頭を使う必要があります。

ここで初めて自分で考えてデザインをすることになりますね。

自分の力のなさに本当に落胆します。
でもそれでいいんです。

 

何でこんなこともできないの〜。
私デザイナーなんて向いてないんじゃ・・・

 

実は私も何度もそう思って挫折しかけました。
でも続けてきたから今がある!と思っています。

 

課題を人に見せるのは恥ずかしいかもしれないけれど…

 

今しか見てもらえない!
しかもプロにチェックしてもらえる!

そんなチャンス、実際お仕事を始めたらフリーランスではなかなかないですよ。
高い学費をペイするためにも、絶対課題は講師に見せましょう。

 

講師の先生は熱い方ばかりなのでしっかり見て直してくださいました!
今思うとスクールの先生はほんと素晴らしかったと思います。

 

そこでやっとはじめて
ただのソフトの操作ではなくて

デザインのコツであったり
こうしたら良くなるってことを理解できる
んですよね。

3.Webデザインの制作物は、レンタルサーバーにガンガンアップする

では、
htmlとcssがある程度理解できて、書けるようになったら
Webサイトが1ページだけでもとりあえず形になったら

「レンタルサーバー」「独自ドメイン」を契約しましょう。

今さら聞けないwebのこと「サーバー・ドメインってなに?!」

 

 

「サーバーをさわれないwebデザイナーはペーパードライバーと一緒だぁぁ」

 

これ私の通っていたスクールの講師の名言です。
当時は理解できなかったですが、今となっては納得です。

 

なぜでしょうか?
個人でお仕事を請け負うようになったら、いくらwebデザインができてもこのサーバーの扱いを知らないと仕事にならないからです。

そして自社サイトやポートフォリオサイトを公開するなら、サーバー契約しないとできません。

りえ

スクールで作ったサイトはPCの中に保存して、ローカルで見ているだけですよね?

 

 

私のスクールではサーバーの操作までは教えてくれなかった(他のスクールの人に聞いても割とそうみたいです)です。

だからこそ最初から自分で触って慣れておきましょう。

 

私がwebデザイナーを目指す人におススメするサーバーはこちら!

\とにかく安心&速い/
エックスサーバー

\コスパ重視!とりあえず費用は抑えたい/
ロリポップ!

今もどちらも使っています。
メインはエックスサーバーです。

4.フリーランスのWebデザイナーは必須!SNSのビジネスアカウントを作る

数ヶ月後に開業することを想像してみてください。

 

開業=お客様から受注をする

つまりいわゆる営業活動、集客が必要になってきます。

 

それってどうやってするのでしょうか?
方法はもちろん色々あるのですが、一番始めやすく効果が出やすいのはSNSだと思います。

 

しかも開業前、勉強中からコツコツ作って土台作りができちゃうのでとてもおススメ。

私もご依頼のほとんどは、FacebookかInstagramです!
今は好きすぎてインスタ活用を人に教えています♡

 

え?でもSNSをビジネスで使うってどういうこと?
プライベートと一緒じゃダメなの?

 

こんなふうに思われるのではないでしょうか?
私も最初は「SNSはやった方がいいよ!」と言われても頭がポカーンでした。

 

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

 

SNSと言っても色々ありますしね。

 

今は

  • YouTube
  • アメブロ

 

このへんもSNSの部類に入るかなと思います。

 

個人的に最初に始めやすいと思うのは、
InstagramかTwitter

(私はInstagramが大好き、ビジュアルで見せられるのでデザイナーと相性がいいと思います)

 

まずは一つのSNSでいいので、プライベートと別でアカウントを作ることから始めましょう。
発信する内容はプライベートとは全然違ってくるからです。

 

発信対象は、友達ではなく基本的にお客様になるからです。

 

そしてまずはSNSの中にどんな人がいるのか?

いわゆる同業者ってどんなことをやってるのか?

 

 

実際に見て体感しましょう。

 

多分衝撃を受けます。
新世界だと思います。

 

なのでまずは見てチェックするだけでもOKです。

慣れてきたら投稿してみましょう!!

 

 

私は今はお仕事の一つで、インスタ活用を教えているのですが、過去の投稿も残しています。
アカウントを遡ってもらうとダサい投稿も全部、残ってるのでよかったらご参考に!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

イズミヤ リエ(Oli)フリーランスママWebデザイナーさん(@olioli_web)がシェアした投稿

2017年当時の一番最初の投稿です(笑)

5.無償でいいから友人・知人の案件をもらって制作する

実務に勝る訓練はない!!!

 

私はそう思ってます。

 

作品作り、もちろん大事です。
でもある程度の操作ができるようになったら、実案件にぜひトライしてみてください。

 

なぜかというと作品作りとはわけがちがうから。

〜作品〜

  • 自分の好きなジャンル
  • ターゲット設定は仮
  • 参考デザインがある

 

〜実務〜

  • ジャンルはお客様次第
  • ターゲットを考える必要性
  • お客様からのヒアリング
  • 参考デザインのリサーチ
  • 制作、その後お客様チェック
    等々

 

比べてみると、全然工程が違うんですね。

 

さらに自分がデザインしたもの
これが小さくても世に出るって感動ものじゃないでしょうか?

 

周りに経営者を探しましょう!なんていうと難しいかもしれませんが…

例えば…

  • 自宅でサロンをやってる知人
  • 自営業の知人
  • 小さなお店
  • バイトやパート先
  • 親戚のお店
  • ママ友
  • 友達の年賀状
    こんなのでもいいですよね

 

Webサイトやホームページは工程が多くて大変なので、まずは名刺やショップカード、DM、チラシなど小さなものがオススメです。

 

挙げてみると色々可能性がありますよね!

 

さらに
無償で制作をするのは在学中、開業前だけ

私はそう考えていました。

開業した以上は、プロとして少なくてもお金をいただいて制作しましょう!

 

もちろん友人知人でも何かしらもらえたらラッキー!
ランチやお茶ご馳走して〜ってそれだけでもいいですよね。

 

さぁ周りに実案件がないか…
アンテナを今日からガンガン張り巡らせましょう。

 

ちなみに私は、Webの勉強中から

「今Webデザインの勉強をしているんだ〜」
「フリーランスのWebデザイナーになるんだ〜」

 

ってリアルに会った人や、プライベートのSNSでつぶやいてました(笑)
でもこれが後々にも絶大な効果を発揮してくれましたよ。

 

+@ さらにWebデザインの学びを深める!自分の名刺を作っておこう

 

でも友人、知人に「お仕事ください」
そんなことなかなか言い出せない…。

 

そんな方は、まずは自分の名刺を作ってみましょう。

 

名刺を持つことで、自分の中の意識も高まりますし、会った人に配ってPRもできちゃいます♪

 

そして名刺制作にはデザイン、実践に必要な要素がたくさん詰まっているのでものすごく勉強になりますよ。

 

  • Illustratorの操作
  • レイアウトのテクニック
  • 目的を考えたデザイン設計
  • 印刷入稿のやり方
  • 自分のブランディングを考えるきっかけ

 

ちなみにWebデザイナーといえど、紙のデザインができるとものすごく強いです♡
(私はお仕事で両方やっています)

 

私は在学中にはできず、開業してから急いで作りました。
お恥ずかしいですが、こちらもお見せします。

初代名刺

キャッチコピーとか今見てダメダメすぎて笑えます。

初代名刺

なんかこの見開きが作ってみたくてチャレンジしてみました。

 

+@ さらにWebデザインの学びを深める!デザイントレースを沢山しておく

これは私があまりできなくて後悔していることです。

デザイントレース=既存のデザインをそっくりそのまま写すこと
です。

SNSなどので「バナトレ」と呼ばれているものですね。
写すものはなんでもいいのですが、いわゆるバナーと呼ばれるものが一番始めやすいです。

 

このデザイントレースをやることによって得られることは、

 

  • IllustratorやPhotoshopの操作に慣れる
  • デザイン理論を身体で覚えられる
    (特に文字詰めなどは感覚が身につきます)
  • 良いデザインってどんなものか?を学べる
  • 素材を探すのがうまく&早くなる

 

すでに世の中にあるデザイン=プロが制作している

ので、それを真似するだけで本当に沢山のことが勉強になります。

 

パッと見は、「簡単そう!」
と思えるバナーでも

「このフォントなんだろう?」
「この背景はどうやってつけているの?」
「このグラデーションはどうやってつけるんだろう」
等々

 

ものすごい色々なデザイン要素が詰まっています。

 

私がデザインの参考によく使っているのは、ピンタレスト。
隙間時間に眺めているだけでも楽しいし、自分でボードを作れるので保存が楽チンです♪

 

Pinterest(ピンタレスト)

 

 

私がちょこっとやっていた、バナトレの方法を載せたインスタ投稿です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

イズミヤ リエ(Oli)フリーランスママWebデザイナーさん(@olioli_web)がシェアした投稿

私は、このトレースを全くやっていないわけではないのですが…

実際のお仕事が始まって日々の業務に追われることが多くなり、開業してからはなかなか手をつけられませんでした。

 

なので時間がある在学中や勉強中に、少しでもやっておくことをオススメします!

デザイン力が一番身につくのは、恐らくバナトレじゃないかなと思います。

 

【まとめ】1年でWebデザイナーになった主婦の勉強法。スクール在学期間からできる5つのコト!

長くなりましたが、1年で未経験からフリーランスのwebデザイナーになった私が勉強中にやってきたことをまとめました。

  1. 学習した内容はとにかく復習・反復する
  2. 課題や作品作りでアウトプット&フィードバックをもらう
  3. web制作はレンタルサーバーにガンガンアップする
  4. SNSのビジネスアカウントを作る
  5. 無償でいいから友人・知人の案件をもらって制作する+@自分で名刺を作っておこう
    +@デザイントレースを沢山しておく

 

並べてみると「うっ」と思うかもしれませんが、一つずつは決して難しいことではないと思います。

まずはスクールに行っている方やオンラインで学んでいる方はとにかくカリキュラムにしっかりついていくこと!です。

 

そして本気でWebデザイナーを目指すのであれば、きっと楽しく取り組めると思います。
努力は必ず実を結びます。

 

一緒に頑張りましょう〜!

 

 

 

 

ABOUT ME
イズミヤリエ
2017年、長男出産後にWebデザインの世界へ飛び込む。 翌年未経験・コネなしから開業。一人ブラック企業も経験しながらフリーランスママ2年目。 主に小さな事業主さん向けのWordPressを使用したしっかり働くサイト制作・運用が得意。現在はインスタ講座やHP作成講座、フリーランスママの支援など活動の幅を広げている。 一番好きなものはブログ・ライティング。スタバに行くとやる気300%増し! 転勤妻で3歳男の子ママ。