webデザイナー

30代主婦の挑戦!webデザイナーに未経験からなった私のリアル記録〜第2章〜

こんにちは。
未経験・30代・主婦からフリーランスwebデザイナーになったイズミヤです。

今回は第二回!
ほんっとに無知な状態で開業してなんとか収入を生み出すもののまさかの時給10円!
そんな超駆け出し時代のお話です。

 

一人ブラック企業の始まり、時給10円のwebデザイナー

意気揚々と開業したのは、いいのだけれど最初のクライアントは本当に大変だった。
(今もお世話になっていて、笑いあえる仲なので書いてしまうけど)

 

お互いに無知なものだから、今考えたら無茶な内容だったけど私もひきうけてしまった。

  • ロゴ
  • 名刺(3種以上)
  • LP2種
  • チラシ
  • ポスター
  • webサイト

これをなんと2ヶ月で制作しなければならなくなった。

しかも費用はトータルで数万円。
手馴れていないこともあるが、時給にすると本気で10円くらいだった。

 

当時息子を預けていたのは週1~2の一時保育。
もちろんそんな時間内でできるわけもなく、朝3時起き、半徹夜がこの頃から当たり前になった。

GWに帰省した時、どうしても終わらなくて泣きながら義実家で夜中に作業していた。

 

そんな感じで私のフリーランスwebデザイナー人生はスタートしたのだ。

 

その大型案件?は、数ヶ月webサイトの微調整や移行作業で落ち着かなかった。
結局トータルで半年くらいかかった。

 

でも少しずつ他の案件も受けていった。

友人や知人が依頼してくれたので、最初はひたすら名刺やロゴを作っていた。

ちなみにこの頃の単価

ロゴ制作:2000円
名刺制作:2000円

本当にそんな感じ。

 

ありがたいことにご紹介してくれたり、声をかけてもらったりして仕事が途絶えることはなかった。

実は私は営業をしたことは一度もなく、人との繋がりとSNSとたまに自社サイトからのお問い合わせでずーっと2年間お仕事をいただけている。

 

全く途切れないのはありがたく素晴らしいことだ。
でも本当に休みや納期に追われがなくなることはなかった。
当時からいつも何かに追われていた。

 

やっと自社サイトの公開で転機が訪れる

パソコンをみて喜ぶ女性

これまで着手する時間がなかったこともあるが、自社サイトがなかった。

でもこのままではまずい!とスクール在籍時代に作ったポートフォリオサイトの中身を書き換えて開業5ヶ月後にやっと公開。

https://olioli-web.com/

↑これです。
一応WPのオリジナルテーマです。

結局この自社サイトに注力できる時間はその後なく、お恥ずかしながら今もほぼ当時のまんま。

ちなみに当時のサービスページに載せていたもの

  • お打ち合わせ費用 1000円(なんじゃそりゃ)
  • ロゴ制作 5000円
  • 名刺制作 10,000円
  • HP制作 50,000円

 

もうこんな感じのひどい内容だったけど、初めて公に価格を出すのはビクビクした。

でも自社サイトってやっぱりあるだけでも効果がある。
初めてお問い合わせが来た時は本当に手が震えた。

たまらなく嬉しかった。

 

当時インスタグラムでの発信でも力を入れ始めたのでインスタ経由のお問い合わせがほとんど。

 

個人の方のご依頼もあったし、なんと営業会社の社長さんから業務委託のお声をいただくことができた。

 

こんな駆け出しの私がいいの?
できるの?
お前使えねーよって言われないかな・・・・

 

本当にそんなことしか思い浮かばないマイナス思考野郎。

連絡をくださった社長さんはすごーくメールも丁寧、でもフレンドリーで、お会いする約束をした。
たまたまだったそうなのだけど、当時住んでいた名古屋の会社で直接オフィスに出向いた。

 

ものっすごい緊張したのを覚えている。

 

社長はなんと年下!30歳の超やり手&若手社長。
でもすごくきちんとした方で、会社も社員さんが数名いて制作を統括している責任者の方もいらした。

 

しかも社長はインスタで私を発見してくれて、デザインのセンスをべた褒めしてくれた。
どんなお仕事をするのか、しっかり説明してくれて私の話や状況も聞いてくれた。

 

「泉谷さん、そんなの100万くらい取らないとダメだよ〜笑」

 

私の当時やっていたweb制作の話を聞いて社長がこう言った。

 

業務委託の仕事内容は、

Webサイトのトータル制作
WPのテーマカスタマイズだが、
ディレクション〜コーディングまで全て。

 

「きっと将来のためにもなるしぜひやってみてほしい」
社長はあくまでも物腰低くそう言ってくれた。

私で務まるか不安もあったが、思い切ってお受けすることに。

 

実は制作費は3万円。

 

でも当時の私には、営業が不要、お客様とのやり取り不要、ある程度情報をまとめていただける、それだけでもすごい価値があったし、定期的にお仕事がいただけることが最高にありがたかった。

 

今も周りに話すと「安すぎ・・・」と言われる。

でもこの会社、本当に社長がいい方で、フォローも手厚くしてくださって、そしてこの仕事があったからWPのカスタマイズが超得意分野になった。

私的にはこの時のご縁に本当に心から感謝している。

 

今はもっと事業拡大されているし、私ももう委託のお仕事はしていないのだけれど、心から会社の繁栄をお祈りしている。

 

この後、別の委託制作で私は散々嫌な思いを経験する。
でもこの会社さんは企業理念も共感できるもので経営もきちんとしており、何より社長が本当に良い方で素晴らしい会社だった。

 

やっぱりどんなビジネスでも結局は人対人なんだと心底思う。

 

これからフリーのWebデザイナーとしてお仕事する人には、業務委託の会社はきちんと選んで欲しいと心から思う。

未経験スタートのフリーランスwebデザイナー1年目の収入・内訳

そんなこんなで2018年4月から2018年12月。

フリーランスwebデザイナーとして9か月走り切った。

 

年商は約40万。

収入の内訳(仕事内容)

ホームページ制作:7件(委託・個人受け含む)
ロゴ制作:5件
名刺制作:10件以上
チラシ制作:3件
動画制作:3本

改めて書き出してみるとこんなに制作していたのか!という感じ(笑)

 

当時は12月に月収が12万を超えて大喜びしていた!
時給がやっと900円くらいになった。
だってそれまで10円とかだったもん。

 

今考えたらビジネス下手すぎだろってツッコミを入れたいけど…

何も知らない、実務経験ゼロ、全くのコネなしからスタートして収入を生み出すことができた当時の私を褒めてあげたいと思う。

フリーランスママとしてずさんな生活、夫婦仲に亀裂

でも生活は本当にずさんだった。

息子を1日6時間の一時保育に週2~3回。
しかも送り迎えだけでトータル2時間かかっていたので、実際の作業時間は少なかった。

 

もちろん日々の3時起き生活が基本で、最終的には朝1~2時に起きてコーディングしていた。

でもこの頃はまだ「ランナーズハイ」状態みたいな感じ。
「早く起きて仕事したい〜!」なんて思って起きていた。

 

そして元々超完璧主義の私。
育児も家事も常に「私がやらなきゃ」だった。

イヤイヤ期真っ盛りの息子は買い物にも連れて行けなかった。

だから一時保育中にイオンに駆け込み、大量に買い物。
ダッシュで一旦家に戻りお迎え。
こんなことが日常茶飯事。

 

そして一時保育の帰りには、公園遊びがお決まり。

もう毎日クタクタだった。

 

そして睡眠不足と疲れでどんどんイライラも溜まる。
元々育児や家事に協力的でない夫に対して、不満がしょっちゅう爆発した。
今だから言えるけど、離婚を考えてしまった時期もあった。

↑今は、めちゃくちゃ育児も家事もやってくれる頼れる夫です♡
二人目の出産は育休を取ってくれるほど!!

 

育児、息子の発育についても悩んでいて、誰にも相談できずもう負のスパイラルだった。

 

さらに二人目不妊で通院もしていて、周りの二人目ニュースに落ち込む日々。
この頃本当にどん底だったなぁと今になって思う…。

 

今ならわかる、客観的視点での私なりの意見

今だから言えるよ

今このブログを書いてる現在2年目
私の平均月収は40万。
(それでもまだまだビジネス下手で働きすぎで、課題が多々あり)

でも当時なんでこんなに稼げなかったかというと、ビジネスというものに対して全くの無知だったから。

 

今でこそ言えるけどwebデザイナーでもなんでも、フリーランスとして生きるならスキルや技術だけでは稼げないのです。

もちろんwebやデザインのお仕事をするなら、スキルや技術も大切。
でもそれだけでは、未経験スターターの場合難しいです。

それをどう活かして、自分の得意と掛け合わせて、お仕事を創っていく能力(いわゆるビジネス・マーケティング力)の方がずっと大事!

 

というかスキルや技術を新たに身につけなくても、今自分が持っているもの(もしくは技術がある人を活かしたり、物をうまく使ったり)ビジネス・マーケティングに長けている人の方がよっぽど上手に稼いでいます。

 

ただ私はやっぱりwebとデザインの知識があったからできることが増えて、今いろんなサービスを作れたと思っていて(まだまだこれからやりたいことや学びたいこともたくさん!)それは本当に良かったと思ってます。

 

でもこれから子育てしながらいきなりフリーランスのwebまたはデザイナーを目指す人は、
スキル技術だけではなく、最初からちゃんとビジネスを学んだ方が良いって断言できます。

 

それから、頑張りすぎてしまうあなたに…(当時の私に)伝えたい

「睡眠不足は全ての敵!!!」

産後ハイみたいな状態の時は、いくらでも頑張れるんです。

でもね、やっぱり睡眠て何よりも生きる上で大切。
たまに早起き・徹夜はまだしも、それを日常習慣化しすぎてしまうのはオススメしません。

 

ちゃんと休まないといつか絶対ガタが来ます。
とにかく健康第一、身体は大事にしてほしい。

そしたら心もある程度平穏でいられると思います。

 

あと周りにどんどん頼って甘えること。
私もこれが超下手でいつも抱え込んでしまうのですが、家族・友人・外部サービス・便利家電等々どんどん頼り上手になった方が良いです。

 

育児だけでも大変。
絶対に無理しないでほしいなと思うのです。

 

こういった私の失敗を学びに変えて「フリーランスとして幸せな生き方」のシェアを現在は、月額1200円のコミュニティで積極的にしています。
(クリエイター率高しです)
フリーランス女性コミュニティのご案内

 

第3章では、私が初めてビジネスを学んで実践して大きな変化を遂げます!
乞うご期待!!!

ABOUT ME
イズミヤリエ
長男出産後にWebデザインの世界へ飛び込み未経験・コネなしから開業。 一人ブラック企業、2人目出産も乗り越え現在フリーランスママ3年目。 「フリーランス・個人事業主がWebを楽しく活用してご機嫌に生きる」をテーマに発信&Webサポート・制作、講座開催などを行う。 とにかくPC作業が、ブログや講座&資料作りが大好き。 スタバのラテとカカオ70%チョコがあれば生き抜ける。 転勤妻で4歳&0歳男の子ママ。
EBookダウンロード

【無料E-Book】頑張らない!週1投稿でも!
ファンが集まるインスタグラムアカウントの作り方

無理してフォロワーさんを増やさなくても・・・
毎日投稿しなくても・・・

あなたのファンが集まって
ちゃんとお仕事につながるアカウント

そんなインスタグラムの活用法を1冊のBookにまとめました♡